スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新が遅くなってすみません。暑い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。夏バテや熱中症には十分気を付けたいですね。

暑い日が続いているという事で、今回は涼しげな青色の作品を近況報告も兼ねてご紹介致します。

先日のはまぼう夢まつりの際にお世話になった方のご紹介で、九月より地元の「糸島応援プラザ」に作品を置かせて頂ける事になりました。糸島応援プラザには私のようにガラス細工を作っていらっしゃる作家さんを始め、家具や陶器等を出展されている方もいらっしゃいます。そういった物作りの先輩方の意見や教えて頂ける範囲の工夫等を知識として取り入れ、今後の作品作りに反映していけたら・・・と思います。出展情報や詳細は時期が近付いたら改めてご紹介致します。

応援プラザの方に作品を見て頂いたところ、「一つ一つはとても綺麗だけどまとめて一緒に展示するよりも自分自身のカラーやイメージを一つ決めてそこから広げていった方が良い」との意見を頂き、また自分自身もその意見に大いに納得したので、多くの方から褒めて頂いている「青系ダイクロガラス」の色を最初のイメージカラーとして展示させて頂こうと思っています。また、地元糸島は海のイメージが強いとの事で、海を連想させるこのガラスのチョイスは糸島で今後アピールして行く上ではピッタリかと思います。
イメージ的にはこんな感じで。どんどんバリエーション等増やして行きたいです。

s_2013-07-21_22-16-19_602.jpg

ディスプレイ等に関するノウハウも学んで行きたいです。現状作り溜めるのに手一杯で飾り付けが手抜きになっていたりしますからね・・・。そういう面での技術向上と安定化も重要なので気を引き締めて積み重ねて行きます。

上記の写真にもちょっと載っていますが新しい技法で作った新作をご紹介します。

s_2013-07-20_20-18-14_78.jpg

応援プラザに展示してあった吹きガラスによる作品に感銘を受け、ボトルに入った水をイメージして作ってみました。立体感では吹きガラスに負けますが、ダイクロガラスを水とする事でイメージの差別化を図りました。初めての試みなので荒が目立ちますが、案外好評だったのでこれもラインナップに加えて更に形状等が安定化するように気を付けながら焼いて行こうと思います。

また、吹きガラスやトンボ玉といった同ジャンル内の別系統作品に出来てフュージングガラスには出来ないこと、そしてその逆のパターン。それらを意識した上でフュージングガラスの強みを改めて考え直すと、やはり「複雑な形状をある程度立体的に作る事が出来る」という点だと思いました。前回のハマボウや以前の花型のペンダント等がまさにそれですね。なのでこういったアドバンテージを活かした作品も今後シリーズ化して行けるよう頑張りたいです。
サンプル的にはこんな感じですね。

s_2013-07-21_22-20-43_465.jpg

近況報告というか私信というか・・・長くなってしまいましたね、すみません。今回の作品紹介は以上になります。応援プラザへの出展は大きな一歩になりますが、これに慢心する事なく、他の作家さんとの出会いや意見の交流等を大切にしながら今後の作品作りに活かしていければと思います。今後ともどうか工房大智をよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。