スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私用により更新が遅れました。

ここ2~3日、前回ご紹介したような金属製の台の窪みにガラスの作品をはめ込む練習をしていました。ガラスが溶けて広がるので削って修正してまた焼いて・・・を繰り返していました。そこで何とかコツみたいなものを掴んだので、思い切ってダイクロガラスを使用してチャレンジしてみました。出来たものがこちらになります。

32

今回使用した台は前回のような派手なデザインのものではなく、ダイクロガラスを目立たせるために地味めのものを使用しました。全体図は下のようになります。

32-2

チェーンは前回ご紹介したものの色違いを使用しています。パッと見た感じ、バチカン部分に少し違和感を感じたので、部品等が届き次第また付け替えてご紹介しようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。