スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天狼☆さん、Eiichiさん、コメントありがとうございました。

最近は前回の記事でも書いたように個展に向けての作品作りを中心に作業を進めています。特にここ二日間は通常のステンドグラス用のガラスを用いた作品を集中的に作製しています。

s_2013-10-30_23-34-45_838.jpg

ミルフィオリとデカルケの組み合わせでいくつかネックレスを作りました。また、下の赤い作品は夕焼けが反射して紅く染まった川に浮かぶ紅葉の葉をイメージしています。

s_2013-10-30_23-36-12_868.jpg

ブローチもいくつか。特に黄色っぽいものと水色とピンクが組み合わさったものがお気に入りで、来られたお客様からも高い評価を頂きました。

s_2013-10-30_23-38-15_475.jpg

買い手がなかった作品もデカルケを追加したりして手直ししました。主に黒く変色したりした部分にデカルケを張って焼き直す事で展示した時に感じていた違和感のある暗さを解消する事が出来たと思います。

こんな感じで日々少しずつですが確実に作品を増やしています。昔紹介した作品も少し手を加えるだけで全く別の作品に見えたり、ガラスって面白いなと改めて感じました。
スポンサーサイト

遅くなりましたが

報告がかなり遅くなりましたが、無事いとしま市民祭りが終わりました。雨天や強風の影響で例年よりお客さんが少なかったみたいですがグルメグランプリ等イベントは盛り上がり、私達の方も何とか売上目標も達成し、新しい出会いもあったので成功したと言って良いのではないでしょうか。
テントでの販売の方はメインに出していたブレスや勾玉よりも普段作っているネックレス類の方が売れましたね。ナギットとミルフィオリで作ったチョーカーもストラップに組み変えたら売れたり・・・。今回で客層や規模を把握する事が出来たのでまた来年も出展したいです。

そうそう、応援プラザのデザイナーさんにお願いしていた紹介用のカードが完成したのでペタリ。

s_2013-10-15_22-31-18_575.jpg

海の写真の右下ある赤い判は私がこの仕事を始めてすぐの頃、お世話になっている方に彫って頂いたものです。上手い具合に入れてもらって嬉しいです。

ここからは新しく作った作品を少しご紹介します。

s_2013-10-15_22-35-41_877.jpg

秋っぽい色をいくつか混ぜてペンダントとイヤリングのセットで作りました。

s_2013-10-15_22-37-50_88.jpg

ブローチとペンダントと指輪です。特にペンダントは思いがけず面白い形になったのでお気に入りです。(笑)

前回も少し書いていましたが3月の中旬に個展を開かせて頂けるとの事で、今後は個展に向けて作品を作り溜めていこうと思います。それと並行して展示の仕方等も改めて勉強しています。

今回の記事は以上になります。遅くなりましたが関係者の方々、お疲れ様でした。

おっと、気付いたらもう今日から市民祭りですね。前回の記事に記載しておりました通り今回は市民祭りで販売する作品の中の一つ、勾玉をご紹介させて頂きます。

s_2013-10-04_22-48-25_904.jpg

結構量があります。こちらの方も赤い色を出すのが難しく赤の比率が少ないです。その分をピンクやオレンジで補えればと思います。

作製方法は今までご紹介してきた「フュージング」ではなく、型を取った石膏に粉ガラスを流し込んで作っています。

s_2013-10-04_22-48-51_842.jpg

s_2013-10-04_22-50-09_367.jpg

s_2013-10-04_22-50-33_5.jpg

粉ガラスを焼いて固めているので他の作品に比べて衝撃に強いです。その分削る作業が大変だったり・・・(笑)


他にもハマボウのペンダントやナギットを使用したチョーカーなど色々用意しています。是非糸島市民まつりへお越し下さい。場所は以前の記事でご紹介した応援プラザと同じ場所です。(志摩庁舎)
詳しくは市民まつりのページを参照してください。

http://itoshimamatsuri.com/

応援プラザの方にも秋らしい色の作品を数点追加して来ました。

今回は以上です。もしかしたら3月に個展を開かせて頂けるかもしれません。仮決定なので正式に決定したら改めてご報告させて頂きます。

最後に勾玉を作った際の副産物をパシャリ。

s_2013-10-04_22-52-02_456.jpg

どう見てもポ〇デリ〇グです・・・(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。