スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は前回の記事に記載しておりました通り、ループタイをご紹介させて頂きます。

昨日ループタイの部品が届いたので早速試作してみました。

s_2013-06-28_19-34-36_622.jpg

s_2013-06-28_19-30-17_108.jpg

紺の紐とシルバーの金具を使用しています。ガラスはフレーム等を使用せずシンプルに焼き上げました。
実際に付けてみるとこんな感じになります。(撮影協力・父)

s_2013-06-28_19-37-01_131.jpg

今までループタイに関心がありませんでしたが、実際に作ったり付けたりしてみるととてもおしゃれで気に入りました。またいくつかバリエーションを作ってご紹介出来たらと思います。コメントにて教えて下さったkoma.さんに改めて感謝致します。

次はかなり昔にご紹介した、ミルフィオリを砕いて焼き上げる作品の最新版をご紹介しようと思います。

s_2013-06-28_19-33-09_106.jpg

透明ガラスに、砕いた数種類のミルフィオリを散らせて焼き上げました。以前のものに比べてミルフィオリの量と密度を増やしたため、より複雑な模様になっています。ネックレスに合わせて指輪とイヤリングも作製してみました。

今回はこれで。次回の更新は以前の記事に書いた地元の祭りの前日になると思いますので、出品するハマボウの花の形のペンダントをご紹介出来ればと思います。
スポンサーサイト

今回はピンクのダイクロガラスを使ったブローチ等をご紹介しようと思います。早速ですが写真がこちら。

s_2013-06-20_19-44-59_259.jpg

ピンクに銀と金の水玉模様が入ったような感じで綺麗です。大きさは大体8センチくらいです。

次はこちら。

s_2013-06-20_19-51-20_893.jpg

こちらのペンダントは前々回の記事でご紹介した作品のイメージを膨らませたものです。モチーフは前々回同様海外の短編小説です。前々回ご紹介したものはバランスを考えシルバーのチェーンを使っていましたが、イメージ通りに行くと周りも金や黄色で統一したいので今回はあえてゴールドチェーンを使用しました。

s_2013-06-20_19-54-24_729.jpg

以前作った指輪の中に似たような色のものがあったので一緒に撮影。ちょっとバチカンが目立ち過ぎる気がするのでもう一回り小さいものに変更するかも・・・。大きさは大体6~7センチくらいです。

最後はこちら。

s_2013-06-20_20-00-50_306.jpg

ダイクロガラスの作品が多いですが、夏に向けてこういった透明感がある作品を増やして行きたいです。特に中央の作品がお気に入りだったり・・・。
アウトドア派の人向けに合成革の平紐を使ったものも何点かあります。

今回はこれで。
コメントにてループタイはないのかというご意見を頂きました。先日部品等を発注しましたので、完成し次第試作品を当ブログでご紹介しようと思っております。

今回は透明のダイクロガラスをベースに使用した作品をご紹介します。

s_2013-06-12_10-25-53_254.jpg

透明ガラスがベースのパール調ダイクロガラスに、黒ガラスがベースの紫ダイクロガラスの破片を乗せて焼き上げました。溶けだした黒ガラスが模様の一部みたいになっていて好きです。夏に向けて透明ダイクロガラスを使用した涼しげな作品を増やしていこうと思います。

次は透明ダイクロガラスではないのですがちょっとご紹介を。

s_2013-06-12_10-30-02_485.jpg

このフレームに一目惚れしたので早速使用しました。フレームに合わせてチェーンもフラットなデザインのものを使用しています。
予約が入っていますがこれと同系統の金のフレームに赤と黄色のラインが入った作品も作りました。こういったズシッとくるような見た目の作品は大好きです。

ちょっとバタバタした更新になりましたがこれで。今回は青系ばっかり紹介していますね・・・(汗
次回は黄色や赤といった暖色系を少し入れてご紹介出来ればと思っています。

今回はブローチとダイクロガラスのネックレスをご紹介しようと思います。

まずはブローチから。写真がこちらになります。

s_2013-06-06_06-43-23_179.jpg

葉っぱの形をした煌びやかなブローチの窪みに細長く焼いたダイクロガラスをはめ込みました。周りのラメみたいな輝きがダイクロガラスの輝きとマッチして綺麗です。

次はダイクロガラスのネックレスをご紹介致します。

s_2013-06-06_06-45-34_70.jpg

最近は単色ではなく複数のダイクロガラスを組み合わせて焼き上げる技法にもチャレンジしています。
最初ははこちら。

s_2013-06-06_06-46-43_373.jpg

これは特に何かイメージしたわけではありませんが、見方によっては水辺にかかる虹のようにも見えます。
次はこちら。

s_2013-06-06_06-50-31_441.jpg

こちらはオーダー品の試作だったんですが綺麗なので出してみました。この作品は宇宙をイメージしており、下のオレンジが地球で光るネオン。それを覆う水色が成層圏。そしてその横の紫が地球周辺の静かな宙域。そして上の濃い青紫が他の銀河といった外宇宙を表しています。何かをイメージして作るって楽しいですね。
次はこちら。

s_2013-06-06_06-47-12_477.jpg

こちらの作品は一世紀前の海外の怪奇小説をイメージして作りました。海の中から見た夜空と月を表しています。イメージ的には得体の知れない何かが海中から空を見上げている感じです。今まで海や川をイメージして作った作品はいくつかありますが、こういった漠然とした不安感を感じさせるものもあって良いんじゃないかと思います。こういった大きなテーマに腕が追い付くよう頑張りたいです。
次はこちら。

s_2013-06-06_06-49-00_295.jpg

こちらも上の作品同様、昔の海外の短編小説の世界観をイメージしました。イメージ的にはネガ反転した宇宙です。

最近はこのようにテーマやイメージを決めて作品を作るよう心がけています。ご注文の際はイメージ等お伝え頂けると作りやすいです。ダイクロガラスの作品だと3000円~4000円でお作り致します。(ガラスや装飾品により上下します)

ダイクロガラスを焼く際に綺麗な赤がなかなか出ず苦戦中。頑張ろう・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。